おにぎり

チーズと日本酒は合う!

チーズと相性の良いお酒といえばワインを思い浮かべる人は多いでしょう。
どちらも同じヨーロッパが発祥の地であり、相性が良いのは当たり前です。
しかし、ワイン以外にも案外この食べ物との相性が良いお酒が存在します。

それは日本酒なのです。
和の代表ともいうべき日本酒と洋の代表格であるチーズの相性が良いなんて信じられないという方がいるかもしれません。
しかし、一度試してみればわかりますが、おつまみとして食べながら日本酒を飲むと、とても濃厚な味わいが口の中に広がります。

日本酒のおつまみとしてこの食べ物は最適なのです。
たとえば、スライスチーズやプロセスチーズを使って手軽につくったチーズ料理と日本酒を合わせてみましょう。
より日本酒の旨みを感じられるようになります。

お酒が進むようになり、この食べ物の美味しさをより深く味わうことができるので、素晴らしい時間を過ごすことができます。
居酒屋ではチーズ料理を出していることがあります。
それを注文して日本酒と一緒に味わってみましょう。

今まで経験したことのなり味を楽しむことができるでしょう。
日本酒とチーズとの相性は科学的にも証明されています。
チーズには有機酸塩が豊富に含まれています。

一方、日本酒には有機酸塩が少数しか含まれていないので、クセのあるチーズの味を日本酒がしっかりと受け止めることが可能なのです。
また、日本酒の場合は温めることが可能であり、それによってさらにこの食物とのつながりを強くすることができます。
赤ワインよりも日本酒との相性の方が良いという意見があるほどです。

日本酒と特に相性の良いチーズとはどのようなものでしょうか。
たとえば、イカの塩辛は日本酒と合います。
したがって、塩分の強いチーズであれば日本酒と合わせることが可能です。
塩味や旨みの強いこの食べ物ならば、日本酒と問題なくマッチすることができるので、美味しく飲めるでしょう。
色々な種類の物と日本酒を試してみることによって、自分にとってベストな組み合わせを見つけましょう。

Copyright(C) 2013 乳製品で栄養価が高いもの All Rights Reserved.